蜂を刺激しない方法や蜂の巣駆除のやり方を紹介

自分で蜂の巣駆除を行う方のために正しい方法を解説

蜂に刺されないようにする

蜂は凶暴な性格をしていないミツバチだと、刺激しない限り襲ってくることはないでしょう。ですが、いきなり刺してくることもあります。そこで、どのような状況で刺してくるのか、そしてどう対処していけば良いのかを紹介していきます。まず、ミツバチの違いについて見てみましょう。

二ホンミツバチとセイヨウミツバチの違い

セイヨウミツバチ

セイヨウミツバチは、体長が13mm前後です。二ホンミツバチよりも攻撃的で、巣箱の移動をする時や農薬を散布する時に襲われることが多いです。

二ホンミツバチ

セイヨウミツバチより少しだけ体長が小さい12mmほどの大きさになっています。巣を何年にもわたり使用します。女王バチが死んでしまった時や、農薬を使用されると性格が凶暴になります。

蜂を刺激しない方法や蜂の巣駆除のやり方を紹介

蜂

自分で身を守る

蜂は色や匂いに反応します。なので、身を守るためには、なるべく蜂が反応しない匂いや刺激しない色の服を着用するべきです。黒という色は蜂を刺激してしまうので、なるべく避けるようにしましょう。また、香水や柔軟剤の匂いにも気を付けましょう。

蜂の巣

蜂の巣駆除の方法

蜂の巣駆除をする時には、殺虫スプレーがと防護服が必要になります。前もって購入しておきましょう。蜂の巣の入り口などから、殺虫スプレーを噴射します。蜂が巣から出ていったところで、ほうきなどを使い蜂の巣を落とします。落ちてきた巣にまた殺虫スプレーを噴射してゴミ袋へいれます。巣の残骸やカスが残らないよう綺麗に掃除しましょう。

まとめ

蜂は色や匂いに反応するので、なるべく刺激しないように対策することができます。もし駆除するのであれば、防護服と殺虫スプレーを駆使して退治しましょう。

広告募集中